公開日: |最終更新日時:

どんな工法で注文住宅は建てられる?

- 公開日:

工法とは、家の骨組みを作る方法のことで、注文住宅で採用されている工法にもさまざまな種類があります。工法によって、使用されている建材や家を支える仕組みも異なります。

この記事では、注文住宅で採用されている工法と、各工法のメリット・デメリットを紹介します。

木造軸組工法

木造軸組工法では、基礎に土台をのせ、木の柱と梁で骨組みを組み、縦方向と水平方向の軸を作ります。そこに、筋交いと呼ばれる斜めの建材を入れて横揺れに耐える構造になっています。古来より日本に伝わる伝統的な工法で、在来工法とも呼ばれています。

木造軸組工法のメリット

木造軸組工法は、現在でも住宅の約8割に採用されている、最も身近な工法です。ここでは、木造軸組工法のメリットをご紹介します。

設計の自由度が高い

木造軸組工法には、設計の自由度が高く、構造的な制約が少ないというメリットがあります。このため、開口部を大きくとる設計が可能で、変形地や狭小地にも対応しやすいのが特徴です。

空間の形やサイズを自由に決められるので、間取りを決める際も柔軟な対応が可能で、リフォームでの間取り変更にも対応しやすくなっています。

木の温もりが感じられる

構造材は全て木材を使用しているため、木の温もりが感じられる家づくりができます。木がもっている調湿効果やリラックス効果などの恩恵も受けられます。

コストが安い

鉄筋コンクリート(RC)造と比較すると、木造軸組工法は比較的に低コストでの建築が可能です。鉄やコンクリートよりも木材のほうが安価であるためです。また、家全体の重量が小さく、地盤に負担をかけにくいので、地盤改良にかかるコストも抑えやすくなる点もメリット。

耐火性能も見直されている

木造枠組壁式工法(ツーバイフォー法)や鉄筋コンクリート(RC)造には劣りますが、近年、木のもつ耐火性能が見直されており、木造軸組工法も設計や使用する建材次第で省令準耐火構造の認定が可能です。

木造軸組工法のデメリット

ここでは、木造軸組工法のデメリットをご紹介します。

シロアリや腐朽対策が必須

木材は、シロアリや湿気に弱いので、天井や床下の湿気やシロアリ対策は必須です。ただし、近年は建物の基礎に、地面一面を厚いコンクリートで覆った「ベタ基礎」を採用するようになったことで、シロアリ被害は激減しています。

施工会社や職人の技術力による品質のバラツキがある

木材の加工や接合が必要な木造軸組工法では、施工会社や職人の技術力によって品質にバラツキがあるのが難点です。

しかし、最近では木材の加工は、機械で加工されることが多くなり、接合部を補強する金物もふんだんに使用されるようになりました。よって、個人の技術力による品質のバラツキは解消されつつあります。

木造枠組壁式工法(ツーバイフォー法)

2インチ×4インチの製材で枠を組み、構造用合板などのパネルで壁を作り、箱型構造にすることで建物を支えるのが木造枠組壁式工法(ツーバイフォー法)です。床、天井、屋根の「面」全体で建物の構造体を支えることで、揺れに耐える仕組みです。

木造枠組壁式工法(ツーバイフォー法)のメリット

木造枠組壁式工法(ツーバイフォー法)は北米から伝わった工法で、輸入住宅などによく用いられています。ここでは木造枠組壁式工法(ツーバイフォー法)のメリットを紹介します。

耐震性が高い

木造軸組工法と比較して、面で建物の構造体を支えているため耐震性に優れているのが特徴です。

木造軸組工法も耐力壁を適切に配置することで、ある程度地震に耐える家はつくれます。また、木造枠組壁式工法(ツーバイフォー法)は、F1マシンや新幹線にも採用されるモノコック構造を採用することで、さらに揺れに強くなる点もメリットといえます。

高気密・高断熱である

面構造なので部材相互の密接度が高く、高気密・高断熱の家づくりを目指せます。高気密であるため、防音性も高いのが特徴。また、高気密・高断熱化することにより、エネルギー効率のよい家となり、省エネ対策になります。

耐火性が高い

木造枠組壁工法(ツーバイフォー法)では、木造軸組工法よりも耐火性に優れているというメリットがあります。面で炎を跳ね返すため、火の回りを遅らせやすくなるためです。

品質のバラツキが少ない

木造枠組壁工法(ツーバイフォー法)は、部材の種類が少なく構造体はシンプルで合理的な工法です。

そして、部材は構造材からクギに至るまでサイズや施工方法が公的な基準によって厳格に決められており、施工会社や職人の技術力による差や品質のバラツキが少ない傾向にあります。

木造枠組壁式工法(ツーバイフォー法)のデメリット

ここでは、木造枠組壁式工法(ツーバイフォー法)のデメリットをご紹介します。

設計の自由度が低い

木造枠組壁工法(ツーバイフォー法)では、壁などの面で構造体を支えるため、構造上、壁の量や配置が重要になります。木造軸組工法よりも比較的大きな空間が作りやすい反面、開口部を大きくとることは難しく、間取りも制約を受け、設計の自由度が劣る場合も。

リフォームによる間取り変更や間仕切り壁撤去の際には、再度、強度を検討する作業が必要になり、増改築には不向きです。

シロアリ・腐朽対策が必須

木造枠組壁式工法(ツーバイフォー法)の住宅は、高気密であるため、雨漏りなどでひとたび水分が入り込んでしまうと湿気が抜けにくく、カビの発生や木材の腐食につながる恐れがあります。

湿気や内部結露に注意して対策する必要があります。また、雨漏りで構造材が濡れてしまった場合には十分乾燥させなければなりません。木を使用しているのでシロアリ対策も必要です。

木よさを活かしたデザインや設計は困難

パネルで面を構成するので木材を露出させたデザインや設計は困難です。このため、木を使っているにもかかわらず、木がもっている調湿効果やリラックス効果を期待できません。

鉄筋コンクリート(RC)造

鉄筋コンクリート(RC)造は、鉄の棒を網目状に組み、周りに板材で囲い(型枠)を作り、そこにコンクリートを流し込むことで柱・梁・壁・床を作っていく工法です。

鉄筋コンクリート(RC)造のメリット

鉄筋コンクリート(RC)造は、建築家による意匠を凝らしたデザイン住宅や高級住宅などで多く採用されています。ここでは、鉄筋コンクリート(RC)造のメリットについてご紹介します。

耐震性が高い

鉄筋コンクリート(RC)造は、引っ張る力に強い鉄筋と、押す力に強いコンクリートという特徴の異なる二つの建材を一体化させて建物を支えています。
そして、面で建物の構造体を支えているため耐震性に優れている点もメリット。建材の特性と構造体を支える仕組みにより、地震の揺れにも耐えやすいのです。

高気密である

鉄筋コンクリート(RC)造は、柱と壁が一体となっており隙間の生じにくい構造で、コンクリートでできているため気密性が高くなります。気密性が高いので防音性も高いのが特徴です。

耐火性に優れている

鉄筋コンクリート(RC)造は非常に熱に強く、耐火性能にとても優れています。鉄筋コンクリートは1000度の炎に数時間さらされても崩壊せず、強度の低下も抑えられます。

延焼を防ぐ効果も高いので、都市部などの住宅密集地に適した工法だと言えます。一般の木造住宅と比べて、火災保険の保険料も約1/3に抑えられる場合も。

耐久性に優れている

鉄筋コンクリート(RC)造では、木材での工法と比較すると経年や外的要因による劣化が起こりにくく、耐久性の高い家づくりが可能。鉄筋コンクリート(RC)造の法定耐用年数は47年であり、木造の22年と比較すると長く設定されています。

デザインや設計の自由度が高い

型枠さえできれば、どんな設計にも対応できるので、木材では実現が難しい円形や曲線などのデザインも対応可能です。強度が高いため大きな空間を作ることもできます。

シロアリ・腐朽の心配が少ない

内装以外には木を使用していないので、シロアリ・腐朽の心配は少ないと言えます。ただし、内装に使用している木材や畳などの天然素材に対しては、シロアリ・腐朽対策が必要です。

鉄筋コンクリート(RC)造のデメリット

ここでは、鉄筋コンクリート(RC)造のデメリットをご紹介します。

外断熱もしくは内断熱が必須である

鉄筋コンクリート(RC)造は、高気密ではあるのですが、コンクリートという素材の性質上、そのままでは断熱性が低くなります。コンクリートは、熱や冷気を通しやすく熱を内側にためやすい性質(熱伝導率が高い・熱容量が大きい)をもっています。

このため、外断熱もしくは内断熱を施さないと、夏は暑く冬は寒い家になってしまうのです。外断熱もしくは内断熱を施すと、気密性は高いので快適な住環境を得やすくなります。

結露やカビが発生しやすい

鉄筋コンクリート(RC)造の建物は、高気密であるうえ、建築後数年間は建材の水分が中に残っていると言われています。また、熱や冷気を通しやすく熱を内側にためやすい性質もあります。

このため結露やカビが発生しやすいので、換気システムの導入が必要となる場合も。

建築費用が高い

鉄筋コンクリート(RC)造では、木材で建てる場合よりも建材の価格が高いので、建築費用が高くなるというデメリットがあります。また、重量も重いため、地盤改良にかかる費用も高額です。

外断熱・内断熱や高性能の換気システムなど必須の設備も多いことから、さらに建築費用は高くなります。木造住宅のおよそ1.5倍以上のコストがかかると言われています。

増改築や取り壊しが難しい

鉄筋コンクリート(RC)造の建物は、堅牢であるが故に取り壊しや増改築には多額の費用がかかります。よって、将来建て替えやリフォームを考えているのならば、鉄筋コンクリート(RC)造は不向きです。

関連ページ

足立区の注文住宅づくりで成功する人・しない人

ベルクハウス
一条工務店
トヨタT&S建設
東京ノイエ(広島建設)
ファインシステマデザイン
木下工務店
無添加計画
カクイホーム
丸中工務店
注文住宅でよく聞く「ZEH」って何?
どんな工法で注文住宅は建てられる?
三井ホーム
清菱建設
松崎建設
竹ノ塚
デザインハウス・エフ
ホームトラスト
西新井
田島建設
住友林業
ライクスホーム
兼六土地建物
積水ハウス
坂田工務店
BE ALL
ポウハウス
注文住宅の保険の選び方とは
富士住建
岡村工務店
マドリヤアーキテクツ
足立区の土地の相場は?
地建総業
東京組
ヤマト住建
住宅資金・ローンについて相談できる所は?
北千住
セイズ
プレストホーム足立
ハスカーサ
注文住宅の打ち合わせで気を付けるべきことは?
西本工務店
注文住宅を建てる際の家づくりの流れ
足立区で建てる注文住宅の補助金・控除・助成金制度について
注文住宅の頭金の目安は?
三陽工務店
シグマ建設
坂上工務店
村上工務店
注文住宅を建てる際の土地の探し方とは?
綾瀬

「知恵ありママ」が選ぶとこうなる!4つのPOINTを満たす
足立区のオススメ注文住宅会社5選

4つの教え、家計の負担を省く、からだへの悪影響を省く、将来の不安を省く、住んだ後の手間を省く、すべて満たす足立区の注文住宅をピックアップ。最低坪単価が安い順に並べました。

プレストホーム足立

参考最低坪単価44.36万円~/坪

プレストホーム足立
引用元:プレストホーム足立公式サイトhttps://presthome.tokyo/file04.html

#家計の負担を省く効率発電と高断熱で光熱費0円
#からだへの悪影響を省く365日24時間、花粉・粉塵除去
#将来への不安を省く最長50年保証
#住んだ後の手間暇を省く家具まで一式フルオーダーOK

ハスカーサ

参考最低坪単価45.80万円~/坪

ハスカーサ
引用元:ハスカーサ公式サイトhttp://www.hascasa.com/voice.php?voice_id=62

#家計の負担を省く省エネ設備を多数装備
#からだへの悪影響を省く外気汚染物質の侵入を抑制
#将来への不安を省く最長60年保証
#住んだ後の手間暇を省くオリジナル家具も製造

木下工務店

参考最低坪単価57.97万円~/坪

木下工務店
引用元:木下工務店公式サイトhttp://jitsurei.kinoshita-koumuten.co.jp/examples/29.html

#家計の負担を省くダブル発電で発電量多
#からだへの悪影響を省く15分に1回の空気洗浄
#将来への不安を省く最長50年保証
#住んだ後の手間暇を省くお洒落に片付く収納家具を提案

セキスイハイム

参考最低坪単価72.50万円~/坪

セキスイハイム
引用元:セキスイハイム公式サイトhttps://www.sekisuiheim.com/case/c016/index.html

#家計の負担を省く蓄電もできる省エネ住宅
#からだへの悪影響を省く清浄&調湿機能付きの空調
#将来への不安を省く60年点検システム
#住んだ後の手間暇を省く
デザイナーとつくる造作家具

三井ホーム

参考最低坪単価77.91万円~/坪

三井ホーム
引用元:三井ホーム公式サイトhttps://www.mitsuihome.co.jp/home/works/case54/

#家計の負担を省くZEH基準をクリアする性能
#からだへの悪影響を省く時間帯自動運転が可能な空調
#将来への不安を省く60年点検システム
#住んだ後の手間暇を省く可動式で変化する家具づくり

以下の基準で選定しています。

保証期間は条件によって異なります。詳しくは各会社にお問い合わせください。
参考最低坪単価は公式サイト・SUUMOの施工事例を調査したものになります。(2020年4月時点)